色んな手術方法

治療が始まる

クリニックを選んだ後は詳しく検査してもらい、手術が必要かどうか、そしてどんな手術が施術可能になるかということを検討することになります。手術方法については自分で調べて希望することもできますが、まずは医師に相談しましょう。そうすることで、状態によって適切な手術方法を探すことができるのです。自分の体であるとはいえ、体の専門家ではないので、体質や今後の生活に適した状態にする方法は分からないことが多いのです。包茎の状態には色んな状態があるので、それに合わせた施術も医師に相談すれば見出すことができます。日本人に最も多いのが仮性包茎であるといわれていますが、これに最適な施術方法といえば亀頭直下埋没法やナチュラルピーリング方法であるといわれています。

いくら専門的なものであるとはいえ、まったく包茎手術の方法について知らないということは、手術に対していらない心配を増長させてしまいます。そのため、包茎手術に関しては色んな例があるということだけは知っておいた方が良いといえます。手術には亀頭直下埋没法やナチュラルピーリング方法、そして環状切除法、根部切除法などがあります。その中でも切らない手術方法というものが注目されており、それがナチュラルピーリング法と接着法です。亀頭直下埋没法は勃起した状態で皮が向けている状態にする手術方法となっており、カリの部分で縫合を行なうため、見た目にも目立つことない仕上がりが期待できます。また、ナチュラルピーリング法はちょうど二重まぶたの埋没法のように、勃起させた状態で皮を縫合するというものです。