中高年からの手術

清潔に保つ

包茎といえば悩んでいるのは若者が多いと感じられますが、しかしながら中高年でも包茎に悩んでいる人はたくさんいるのです。 温泉や銭湯などの公衆浴場に行くと、見栄で皮をむいて包茎であることを隠しているといった話は聞いたことがありませんか。あれはどの年齢でも聞く話です。 そして中年になってからの包茎というものもあります。これは若い頃はそうでなくても、年をとり体が緩んできてその結果太ってしまうと脂肪のせいで包茎になってしまうというものです。中高年になり、包茎にまで年をとったと実感させられるのは複雑な気分ではないでしょうか。 そういった訳で今後は包茎手術を受ける中高年も、少しずつ増えていくのではないでしょうか。

中高年で包茎手術をしようと思っている人が気になるのは、やはりバレないかどうかということではないでしょうか。 しかし日頃から誰かに見せている(見せているならコンプレックスじゃないですよね・・・)ということはないでしょうから、包茎手術をしたことさえ気が付かないのではないでしょうか。また日帰りで包茎手術をおこなっているところもあるので、休暇を多めに取らなくてはいけない、とはならないです。 あとは手術の痕が残るかということです。傷跡が残ってしまうとたしかにバレやすくなってしまうでしょう。しかしこの問題は「残りにくい、または目立ちにくい手術方法」があります。これら病院によって違うと思いますので、きちんとお医者様から説明を聞けば安心できるでしょう。